岐阜セミナー感動の声

牧野憲市さん 男性 整体師

初日の遠隔は強烈でした。開始早々両足が熱くなり足先がジンジンに腹直筋がひきつり自然に笑いがこみあげてくるのです。

はじめに。佐藤先生はじめスタッフ並びに出席された全員の皆様に感謝の気持ち“ありがとう”をお伝えしたいと思います。

「今回は全員の交流が目的です」と言う佐藤先生の宣言で始まったセミナーはその通りの結果を実らせたと思いました。とても素晴らしい雰囲気が生まれていたと思います。それにしても体験発表は楽しかったですね。縁とか絆とかを強く感じました。救われたいと書店をうろうろしていて手にした本が“スピリチュアル気功”であったり、はたまた書棚からコロンと買物かごの中に落ちてきた本が“スピリチュアル気功” であったりとか、夢の中で聞いた“福島原発”(かつて先生が勤務していた)というキーワードから佐藤先生にたどり着いたとか、たくさん報告されましたが、出会い方はさまざまでも、出会うべくして出会った方々がここに集まっているんだなと実感しました。

また小坂先生が“奇跡の朱さん”の話をはじめ、両股関節骨頭壊死の克服や多発性脳梗塞の克服の奇跡的復活話、あるいは先生の自宅に近づくにつれて悪かった体調がぐんぐん良くなっていくことや仕事がうまく運んだり更には夫婦愛にも貢献したり、幸せがどんどん実現したりとかたくさんの話しを聞かされて、改めて佐藤式気功の実力の凄さを知ったのはきっと私だけではなかったと思います。

気の交流もなかなか良かったですね。時間は少し足りなかったようですが各人の手の感触、気の質感が味わえて楽しめました。ここで個人的な話を一つ報告させていただきます。気の交流をしている時でした。加藤晴江さんに気を入れてもらった時のことです。手が置かれた瞬間、私は言葉にならないような懐かしさがこみあげてきて涙がぼろぼろとこぼれてきたのです。一緒に加藤さんも涙してました。加藤さんにはかつて姉弟だった時がイメージに浮かんだそうです。今生では私は年上ですが過去生ではどうも私は弟らしいのです。お姉さん今後ともよろしくお願いします!!

最後に佐藤先生の遠隔気功について一言。初日の遠隔は強烈でした。開始早々両足が熱くなり足先がジンジンに腹直筋がひきつり自然に笑いがこみあげてくるのです。笑いをこらえているとやがて左の蝶形骨のあたりにズーンとした振動のようなものが感じられるようになり両脚が水平方向に強烈に引き伸ばされていくのを感じました。遠隔が終わって立ち上がってみると気の重心は足裏を突き抜けているように感じました。もしかしたら地球の中心ぐらいには行ってたのかも?・・・。以上

ソウルメイトの皆さんこれからもよろしく。

今後のご健闘を祈っております。合掌