遠隔送気時における送信者および受信者の脳波変化

ronbun4研究論文 J.IntllSoc.LifeInfo.Sci.19(1):210-215,2001より抜粋

*河野貴美子(日本医科大学情報科学センター)
 樋口雄三(東京工業大学)
 小谷泰則(東京工業大学)

(国際生命情報科学会発行)

要 旨:

それぞれ気功法の異なる気功師3名に対し、その受け手を約4kmの遠隔地に配し、気の送信および受信における両者の脳波変化を調べた。開始前安静40分の後、40分の実験時間帯の問に3回送気を行った。1回の送信時間は5分~10分で、その時間帯は送信側の実験者が送信者に指示し、受信側は被験者も実験者も40分の開始、終了を知らされるのみである。終了後、再び安静を40分計測し、残留効果 を検討した。その結果、α波振幅およびピーク周波数の時間経過に、送信者と受信者の間で近似的な変化の傾向がみられた。送信時と非送信時との問には有意な差はみられなかった。

Keywords: EEG, qigong, remote emission,α wave