遠隔送気時における免疫動態

ronbun5研究論文 J.Intl.Soc.LifeInfo.Sci.19(2):313-320,2001より抜粋 

*樋口雄三(東京工業大学)
 小谷泰則(東京工業大学)
 河野貴美子(日本医科大学)
 林義貢(武蔵野治療センター)
 樋口博信(東北大学医技短大)
 佐藤眞志(佐藤気功センター)
 百瀬真一郎(百瀬医院)

(国際生命情報科学会発行)

要 旨:

気功法の異なるレベルの高い気功師3名により遠隔送気を行い、約2~4km離れたそれぞれ2名づつの受信者における静脈血中のナチュナルキラー(NK)細胞活性、インターロイキン-2(IL-2)、CD4/CD8などの変動を測定した。遠隔送気40分後においてNK活性は対照群に比し、有意に増加した。IL-2は遠隔送気直後で増加傾向を示した。CD4/CD8は遠隔送気40分後において減少した。これらのことから遠隔送気時においても対面時と類似した変化が認められ、遠隔送気により受信者の免疫能が向上しているのが示唆された。

Keywords: Remote qi emission, NK cell activity,IL-2,CD4/CD8