頑固な耳鳴り・眼精疲労・体調の不具合による脱力感が消えていく!

H・Sさん 63歳 男性

私は、最後の職場を12年間、東京の某設計事務所に勤め、工事の施工管理を業務としていました。その職場も2年前に退職して、昏るるに未だ遠し…のシルバー世代の男性です。

以前から、未知の世界(宇宙の偉大なる存在)に興味があり、その類の本も十数冊は読み、その存在は理解できるのですが、死ぬまでに一度ぐらいは体外離脱して、その存在を体験してみたいと思っていました。

一年ほど前から耳鳴りが始まりだんだんと酷くなり(蝉が頭の中で一日中泣いている感じ)平行して、なんとなく身体の不調を感じるようになりました。幾つかの専門医に診てもらったのですが、年のせいですよ等と言われ諦め、悩んでいました。
そんなある日に新聞の書籍広告欄で「スピリチュアル気功」の本が眼に留まり、購入し拝読して見て、今までなかった新鮮な見識があり、良いものに出会えた感じを受けたので、早速インターネットのホームページで所在地を知り、電話で予約させて頂きました。

◆ 1回目

気功を受けた後、眼がスッキリして、身体の不調感が薄らぎ、下腹部(下丹田)にほのかな、温もりを感じ、とても爽快な気分でした。足の裏にもジンジンする程度の気の重心が来ているのを感じました。これは本物だ!心の中で叫びました。

◆ 2回目

耳鳴りも小さくなっています。体調も次第によくなっているのが実感できます。自己トレは基本の温かい(10分)⇒涼しい(10分)⇒温かい(10分)を1日1回、そして、朝10時と夕方6時30分の遠隔気功(おこぼれ頂戴モード)を利用しております。

◆ 3回目

あの頑固だった耳鳴りも、かなり小さくなっています。デジタルモード(仕事モード、瞑想モード)も体感できました。収縮気と拡大気の絶妙なバランスの働きで自律神経系の回復がみられ、本来の免疫力が蘇ってきている感じです。

◆ 4回目

耳鳴りはほとんど気になりません。自己トレも基本の30分に、涼しい(10分)⇒瞑想(10分)⇒仕事(10分) を追加して体感できるようになりました。一応、4回で気功を終了しました。私はこの気の技を宝物にして一生大切にして、自己トレーニングに励んで行きたいと思います。『従来の気功回数は5回をベースにしておりましたが、気功の変化が顕著な方は、3回もしくは4回で終了することもある』

希望していた体外離脱まで行けませんでしたが、今では、これで充分だと感謝しています。それは、佐藤式気功を通じて、サムシング・グレードとの繋がりを私なりに、体感させて頂き、更にこの年齢にして、自己の進むべき道を気づかせて頂きました。ありがとうございます。

そして、この度私の妻が佐藤式気功を受けさせて頂くことに際して、佐藤先生の奥様から一方ならぬ、お気遣いと、慈しみをかけていただき、誠に有難うございました。一人でも多くの人が佐藤式気功を通じて霊性に目覚め、その輪が広がっていくことを願って止みません。