対面式外気功をうけて

栗原裕之さん 39歳 男性 一元堂 栗原均整施療所経営

私は茨城県土浦市荒川沖にて均整施療所を運営しています。姿勢保健均整術を主体に施術していますが常に効果的な施術方法があればどんどん取り入れ、患者様のお役に立ちたいと思っております。気功についても有効な施術方法であるという認識から数年前から取り組んでおりましたが、今回ご縁があり、佐藤気功センターの対面式気功を受けることができましたので報告させていただきます。

「1回目 8月9日」

kuriharaスピリチュアルマップにより佐藤気功の特徴を学んだ。内面(魂レベル)からのつながりを体験できた。まず、温かいモードを受けた。下丹田上で自分の重ねた手の上から佐藤先生が手を重ねた。数分後、足の裏が温かくなり始め、その温かさが下丹田まで徐々に上がった。上体は涼しく感じた。

次に、涼しいモードを受けた。手はそのままで、涼しいと心の中でいった後、上体がすずしく感じ、とても心地よい状態になった。その後、先生が頭のてっぺんに手を当てた。さらに心地よい気分になった。

次に、もう一度温かいモードを受けた。最初とはやや感覚が異なり、目覚めへの状態に近づいた。最後に下丹田に意識を戻して心の中で終わりといって終了。手を万歳して起き上がった。生まれて初めての爽快感を味わった。

気の重心 気功前「へそ」→気功後「足裏」

「2回目 8月19日」

前回同様 アナログモード(温かいモード→涼しいモード→温かいモード→おわり)を行う。今回はすぐに腹部の中が温かくなった。先生が手を当てて魂レベルからそのような状態にしてくれた。前回に比較してさらに気の重心が低くなった。

気の重心 気功前「すね」→気功後「足裏」

「3回目 8月29日」

前回同様 アナログモード(温かい→涼しい→温かい→おわり)を行う。今回もすぐに腹部が温かくなり、その後、下半身全体に温かさが広がった。とても温かかった。途中、自然に涙がにじんできた。深い満足感を味わった。先生がサムシンググレートのような偉大な存在に見えた。

気の重心 気功前「足首」→気功後「地球の中心」

「4回目 8月30日」

言葉でアクセスのスイッチが入る。例えば、ヘルニアの患者の場合、ヘルニアと言うとその部分に内気が送られて修復する。潰瘍性大腸炎の場合、潰瘍性大腸炎と言うとその部分に内気が送られて修復する。患部に手を当てても当てなくてもよい。

佐藤式気功は、外界にある気を送り手から受け手に送るのではなく、内界にある気を送り手から受け手に送気できるからという。いわゆる、外界の気は物質の影響を受けるために、呼吸法を初め様々なテクニックが必要であるが、内界には物質がないために、テレポーションのように瞬時に気を伝達できるので一切のテクニックはいらない。意識や言葉だけで気功できるのである。受け手の体に手当てするのは、あくまでも内界から送り手の体に湧いてきた気を補助的に受け手に伝達するだけといいます。

本日はアナログモードでかなり深い瞑想状態になった。その後、デジタルモード(仕事モード、お休みモード、瞑想モード、体外離脱準備モード)を体験させてもらった。

気の重心 気功前「足裏」→気功後「地球の中心」(上体の感覚がない)

「5回目 9月1日」

アナログモードでかなり深い瞑想状態になった。その後、デジタルモード(仕事モード、瞑想モード、体外離脱準備モード、体外離脱モード)を体験した。

●アナログモード

やわらかく癒される感覚。休息の時に使いたい。

●デジタルモード

クリアーでより自分を高める感覚。自己啓発に活用できそう。

●デジタル仕事モード頭や体が縦方向に収縮された感覚。頭の上の制限があり、その限定された状態で活動しやすい感覚。仕事の時に使いたい。

余裕のあるパフォマンスができそう。

●デジタル瞑想モード

頭や体が縦方向に拡張された感覚。頭の上の制限がなく、限りなく自分を高めていけるような感覚。私好みの感覚。自分の精神レベルを高める時に使いたい。想像力を高めるのに使えそう。

●体外離脱準備モード

頭や体が縦・横方向に拡張された感覚。とても心地よい感覚。周りが明るくなったようには感じたが、中心の渦は認識できなかった。

●体外離脱モード  遠隔気功にて

肉体から切り離され意識だけの感覚。しかし、体外離脱はしていない(トンネル体験がない)。自分の魂はとても繊細だ。浮遊する感覚はなく、そこで、じっとしている感じ。身体は代謝が落ちて呼吸が少なくなる。

本などで体外離脱体験を読んだことがあるが、自分で体験してみるのが一番。佐藤式気功での体験では、本などで得た体外離脱体験の情報からは、想像できない領域だ。特別すごいという感覚もなく、“そういえばこんな感覚だったな”と思えるようなごく自然で当たり前の感じ。これが究極の安定感なのかも知れない。

気の重心 気功前「足裏」→気功後「宇宙の中心」(全身が透明な感覚で安定している)

佐藤先生が戦争のない平和な世界を作りたいと言っていたが、この体験前まではそんなことは無理じゃないの?と内心思っていました。しかし、世界中の人が佐藤気功を体験すれば戦争のない平和な世界が実現できると思います。しかも周りの人々に感謝し、共存共栄できるすばらしい世界になるはずです。私もこの体験を生かし日々の仕事を通し、佐藤気功を世の中に広げて行きたいと思います。佐藤先生、ありがとうございました。