2つの世界で構成されるこの宇宙

「2つの世界で構成されるこの宇宙」はSATOメソッドの日々の進化によって随時変更されます。

2つの世界とはサムシング・グレートとそれ以外の世界(3つの宇宙)を指し、この宇宙は時空のある物質宇宙、時空のない非物質宇宙、霊的宇宙を指します。

私たちの肉体や意識体に注ぎ込まれる大いなる生命力(収縮気・拡大気)はどこから来るのでしょう。大いなる生命力は意識の本質から生まれたゆらぎともいえます。
SATOメソッドでは、その大いなる生命力の根源を「Something Great」と呼んでいます。

永遠のいのちの源、意識の源、収縮気/拡大気の源、さらには学びのために創造された意識体・肉体にいのちの栄養「ゆらぎ」をだれをも差別することなく、自由に平等に、永遠に注ぎ込む絶対なる存在です。

「Somethig Great」という呼び方を世の中に広めたのは遺伝子研究の世界的権威である村上和雄先生(筑波大学名誉教授)で、「偉大なる何者か」と唱えています。

SATOメソッドではSomething Greatを内界と呼んでいます。生命力の象徴です。

一方、私達が住んでいる物質宇宙と非物質宇宙と霊的宇宙を外界と呼びました。外界は内界から湧き出たゆらぎから誕生した物質宇宙と非物質宇宙と霊的宇宙です。初期の物質宇宙と非物質宇宙と霊的宇宙は静寂でシンプルな世界でした。

その後、輪廻転生を繰り返ししている内に霊的宇宙の中に高次元(光の部分)世界から低次元(闇の部分)世界までの階層世界ができてしまいました。なぜ、階層世界ができたかというと外界の物質宇宙に住む私達の体験や生き方、又は心の光と影の部分が意識体(魂)に記憶され、死後、想念となり霊的宇宙に階層世界として反映されたものと感じます。

スピリチュアル・ヒーリングやスピリチュアル・カウンセリングをしている人達が松果体を使って効果をあげているのは霊的宇宙の高次元と自分の意識体を繋げることができるからです。一方、松果体が開いてもグラウンディングされない人達は低次元と繋がってしまい、心身の不調を訴えています。

次に私達が住んでいる宇宙には、時空のある物質宇宙と時空のない非物質宇宙が存在していることがわかってきました。時空のある物質世界には肉体、時空のない非物質宇宙には意識体が存在します。肉体と意識体との間はシルバーコードで繋がって情報交換をしています。この時空のない非物質宇宙で感じる映像は時空のある物質宇宙とまったく同じですが、意識するだけで宇宙や歴史を遡ったり人体の中までも感じてきます。いわゆる時空を感じることのできない宇宙なのです。

なぜ、時空を感じることができないのかは時空がないのではなく、ゆらぎの大きさが違うためにそのように感じるのではないかと思っています。さらにサムシング・グレートから湧き出たゆらぎによる時空のある物質宇宙と時空のない非物質宇宙と霊的宇宙は同時に誕生したこともわかってきました。いづれも初期の宇宙は静寂でシンプルな世界でした。

(スピリチュアルマップの説明)

大いなる宇宙の本質(生命力の根源)、サムシング・グレートからゆらぎが湧き出し、霊的宇宙、時空のない非物質宇宙、時空のある物質宇宙が同時に誕生しました。霊的宇宙は大きくゆっくりとしたゆらぎであり、時空のない非物質宇宙は霊的宇宙に比べてゆらぎが小さく早いゆらぎの世界でした。いづれの宇宙も時空のある物質宇宙に比べ、ゆらぎが大きいために時間と空間と物質を感じることはできません。一方、私達が知る時空のある物質宇宙はわずかなゆらぎのために前者の二つの宇宙に比べて時間と空間が固定されて物質が生まれました。科学では物質のゆらぎと説明しています。時空のある物質宇宙と時空のない非物質宇宙の間は第1トンネルで繋がっています。トンネルの中にはわずかなゆらぎから小さなゆらぎに変換するものが入っています。また、時空のない非物質宇宙から霊的宇宙の間は第2トンネルで繋がっています。こちらのトンネルは小さなゆらぎから大きなゆらぎに変換するものが入っています。

次に、私達が行っている気功、ヒーリング、瞑想などの気エネルギーもゆらぎの一つだと思っています。たとえば、皆さんがよく知っている一般的気功は時空のある物質宇宙にある自然界の気を使って練功を行っています。自然界の気は山や森、林、海、川などにたくさんあり、多くの人が無意識に気を感じています。呼吸法や身体法などを使って積極的に直接肉体に気を取り入れることもできます。一方、スピリチュアル系のヒーリングやカウンセリング、チャネリング、リーディングなどを行っている人は時空のない非物質宇宙の神社/仏閣に祭られている意識体及び霊的宇宙の高次元の意識体とご自身の意識体と直接繋がり、意識体から肉体へと気を取り入れます。SATOメソッドでは時空のない非物質宇宙、霊的宇宙と繋がる気を外界の気と呼んでいます。二つの宇宙の中でSATOメソッドの外界の気は霊的宇宙と繋がります。もう一つは内界の気です。内界の気はサムシング・グレートとご自身の肉体と直接繋がり、肉体から湧いてきます。気の重心が足裏以下に下がるのは内界の気を取り入れるからです。

次に、私達の肉体と意識体はどこに存在しているのかというと肉体は時空のある物質宇宙に、意識体は時空のない非物質宇宙と霊的宇宙に存在しています。SATOメソッドでは、私達は肉体、意識体Ⅰ、意識体Ⅱによる三層構造のゆらぎで創造されていると理解しています。肉体と意識体Ⅰはシルバーコードで繋がっていると感じます。

次に「宇宙の中心の内奥」に下がって時空のない非物質宇宙へ、さらに内奥に下がって霊的宇宙→サムシング・グレートへと旅したときのことを紹介します。

時空のない非物質宇宙では意識体が意識体Ⅰとなって宇宙や小宇宙を垣間見ています。霊的宇宙では意識体Ⅱとなって霊的宇宙の階層世界を垣間見ています。具体的には、その階層の意識体と一体になる感覚になります。さらにサムシング・グレートまで到達すると意識だけの感覚、すべてが一つになって自分がサムシング・グレートのひとつであることに気づきます。

次に「宇宙の中心の内奥」まで下がった時の3つの魅力を紹介します。

1つめは、体外離脱しやすい人は透明な意識体となって、時空のない非物質宇宙を旅したり、さらに内奥に下がって霊的宇宙で高次な意識体(神様のような)と対話したり、一体になったりします。2つめは、体外離脱しにくい人でも、ご自身がそこにいるだけで周囲に良い影響を与えて、感謝されます。これは現実的です。3つめは、患者さんの気の重心が「宇宙の中心の内奥」に下がり、安定的に保持されれば、生活習慣病、原因不明の病気など重い病気や難病などに効果を発揮する可能性がとても高いです。

次に私達の肉体/意識体がどのように生まれたか、について紹介します。

時空のある物質宇宙、時空のない非物質宇宙、霊的宇宙はサムシング・グレートから放出されたゆらぎによって同時に創造されました。ゆらぎは光の粒子です。各々の宇宙は光の粒子が質的に違っています。サムシング・グレートは一つ一つの意識が集まった集合体です。もっとも輝いている光の粒子群です。意識の本質は「ほんとうの自分」ともいいます。また、臨死体験をされた脳外科医アレグサンダ先生の言葉を借りれば「コア」という呼び方もできます。

さて、三つの宇宙が誕生したあとはサムシング・グレート内にいる意識は外に出ます。その時に意識から光の粒子が放出されゆらぎます。ゆらぎが大きくなって周囲を包みます。それが意識体です。意識体Ⅱの誕生です。意識から意識体に移ります。そして、そこから霊的宇宙での生活が始まります。しばらくすると霊的宇宙にいた意識体Ⅱがゆらぎの大きさの違う時空のない非物質宇宙に移動しようとします。移動するときに時空のある物質宇宙にいる肉体を選択します。肉体は時空のある物質宇宙が創造されたあとに生まれたものです。また、時空のない非物質宇宙に移動するときに意識体Ⅱから光の粒子を放出しながら時空のない非物質宇宙に対応したあたらしい意識体が生れます。(意識体Ⅰ)そのあとにあたらしく生まれた意識体と選択した肉体をシルバーコード(光の帯)でつなぎます。肉体/意識体の誕生です。

次に光の粒子がまばらになると病気になる、について紹介します。

私達の肉体は原子でできているといいます。原子の大きさは10のマイナス10乗メートル、クオークの大きさは10のマイナス17乗メートルといいます。さらにプランクスケールの大きさは10のマイナス35乗メートルといい、宇宙誕生直後の大きさといいます。SATOメソッドを使ってプランクスケールの大きさと宇宙誕生前のスケールを映像化し、比較してみました。後者は前者に対して比べようもない程、極小の光の粒子群でした。まさにサムシング・グレートの世界でした。すなわち、宇宙論で捉えている宇宙誕生前の量子ゆらぎはサムシング・グレートだったのです。サムシング・グレートは一つ一つの光の粒子が集まった集合体でした。

SATOメソッドには内界の気と外界の気があり、すべてがゆらぎであり、光の粒子群であることがわかってきました。内界の気はサムシング・グレートから直接私達の肉体に直接入り湧き上がってきます。外界の気は宇宙の叡智から意識体に入り、一方、大地の力から肉体と入ってきます。そのときの様子を映像化すると、まさに光の粒子群でした。修復可能な細胞を映像化すると細胞が少し変形したり動きが悪いようです。一方、細胞を覆っているゆらぎをコネクトすると光の粒子が密の部分とまばらな部分がばらばらになっているのが見えました。このように患部を2種類の方法で映像化できることがわかってきました。次に修復不可能な細胞群に関しては、細胞の変形が大きく、動きも鈍くかたい感じに見えました。一方、ゆらぎをコネクトすると光の粒子がかなりの範囲でまばらになっているように見えました。

SATOメソッドはこのような状態のときに「浄化・再生」をコネクトすると微細な光の粒子群が患部を覆っているように見えます。そして、まばらになっている光の粒子が徐々に密になっていく様子が見えました。さらに光の粒子が広範囲にきちんと密になっていくと細胞も修復されていくものと思いました。

次に新しいスピリチュアルヒーリングについて説明します。

SATOメソッドはスピリチュアルヒーリングに属します。

1990年に誕生したSATOメソッドは体外離脱を想起する特徴でありながら「佐藤式気功法」と言っていました。当時は気功ブームで、スピリチュアルなことに関して知られていないだけではなく、周囲の人達に抵抗感があり、宗教として見る人もいたからです。

そのためスピリチュアルを科学的に表現できないかと1991年に脱サラして、1年後にスピリチュアルを研究する団体や大学の門を叩き、SATOメソッドをアピールしました。特に国立大学の電気通信大学の佐々木茂美先生の研究室がSATOメソッドを受け入れました。

佐々木先生は気や特異効能(超能力)を研究している学者で、体外離脱に大変興味を持っていただき、共同研究をすることになりました。その時はスピリチュアルな名称ではなく佐藤式気功法と名付けました。体外離脱を想起する気功法として紹介され、学術論文にもそのように明記されました。その後、複数の大学と体外離脱、遠隔気功、生きがい感/死生観に関する共同研究をしてきましたが、すべて佐藤式気功法として論文に明記され紹介されてきました。

それから10数年経ち、8年前から佐藤式気功法は論文作成時に限定して、スピリチュアルヒーリングに近いSATOメソッドと改名しました。

SATOメソッドから見たスピリチュアルヒーリングは霊的宇宙にいる高次な意識体(守護霊)と私達の意識体(魂)と繋ぎ、意識体で受けた気をシルバーコードを通じて肉体に送られます。一方、地球の中心と繋がり肉体に入ってきます。SATOメソッドではそれを外界の気といいました。
それでは90年代のスピリチュアルヒーリングと現在のスピリチュアルヒーリングとはどこが違うのでしょうか。21世紀に入ってからは霊的宇宙の内奥にさらに大いなる宇宙があることがわかってきました。SATOメソッドはその宇宙をサムシング・グレートということにしました。(筑波大学名誉教授である村上和夫先生が提唱した名称を引用させていただいています)

サムシング・グレートを知ることになって、サムシング・グレートから直接私達の肉体に入ってくる気(直接的な内界の気)とサムシング・グレートから霊的宇宙→時空のない非物質宇宙→時空のある物質宇宙を経由して私達の肉体に入ってくる気(間接的な外界の気)があることがわかってきました。現在は内界の気と外界の気を使うことで90年代のスピリチュアルヒーリングとはパワーや働きが違うことがわかっています。

それではサムシング・グレートと直接繋がっている「内界の気」は具体的にどのようなことをしているのかいくつか述べることにします。

一つめは、90年代のスピリチュアルヒーリングは気の重心が「丹田」でしたが、現在は「宇宙の中心の内奥」まで下がります。実は「内界の気」が気の重心を宇宙の中心の内奥まで下げていたのです。すなわち、90年代のスピリチュアルヒーリングは外界の気(宇宙の叡智・大地の力)だけでしたが、現在のスピリチュアルヒーリングは内界の気が加わり、特に「浄化・再生モード」に進化してからは、より活発化し、パワーアップしたので、気の重心も宇宙の中心の内奥まで下がったものと思われます。

二つめは、皆さんは常に意識を感じています。肉体という衣服を着ながらでも意識はあります。一方、臨死体験報告の中に瀕死の状態でベットに仰向けになっている肉体を意識体が天井から見下ろしている場面がありますが、その時は肉体から意識体に意識が変わっています。実は意識が肉体になったり意識体になったり、意識を感じさせるのは「意識体」が収縮気と拡大気をコントロールしているのではないだろうか。

三つめは、気の重心が宇宙の中心の内奥まで下がって深い瞑想状態になっても「意識」がぶれることなく、現実離れすることなく、日常生活やビジネスができるようにしているのも「内界の気」が活発化し、外界の気をコントロールしているからではないだろうか。

四つめは、サムシング・グレートから三つの宇宙(時空のある物質宇宙・時空のない非物質宇宙・霊的宇宙)が創造されたことと同じく、個々の肉体と意識体(Ⅰ・Ⅱ)はサムシング・グレートから創造されました。。

Spiritual Mmap
スピリチュアルマップ(クリックで拡大表示)

(PDFはこちら)

体外離脱し、「Something Greatと一体化する体験」が人類の意識進化に

SATOメソッドの体外離脱体験は気の重心を「宇宙の中心の内奥」に下げることから始まります。SATOメソッドでコネクトすると肉体から意識体が離脱していく感覚はヘミシンクや金縛りになって離脱する場合と同じく上昇していきます。しかし、安定感は違います。内界の気によって気の重心が「宇宙の中心の内奥」まで下がるからです。SATOメソッド以外の体外離脱は気の重心は「丹田」ですが、松果体が覚醒して上昇していくのです。

具体的には、体外離脱体験が起きる前にかならずトンネルのようなイメージが出現し、自分がそのトンネルの中に入っていく感覚になります。トンネルの中は小さなゆらぎではあるがスピード感のある感覚で通過します。

このトンネルを私は第一トンネルと呼んでいます。第一トンネルは時空のある物質宇宙と時空のない非物質宇宙の間にあります。

この第一トンネルを通過すると、壮大な宇宙や大自然のゆらぎの中にいる自分に気付き、その時トンネルの全体像を見る場合もあります(長くて細い紐のような形をしている)。そこでは天の川銀河に遭遇したり、さらに深い宇宙の内奥に入り、銀河集団や泡宇宙の全体像を見たりすることもあります。あるいは過去に遡って歴史を探訪したり、体の中に入って様々な臓器や器官、および細胞などを垣間見ることもあります。スピリチュアルマップでは時空のない非物質宇宙になります。

次に、第一トンネルを通過した後にゆらいでいる宇宙や大自然に第二トンネルが出現します。これは臨死体験で体験するトンネルにとても類似しています。第二トンネルの中は第一トンネルに比べるとゆっくり、大きなゆらぎを感じさせるトンネルです。第二トンネルは時空のない非物質宇宙と霊的宇宙の間にあります。

この第二トンネルを通過したあとは、第一トンネル通過後の宇宙よりゆらぎが大きく、さらに精神的で深遠な内面を映し出す世界となります。体験者は、自分の魂の鼓動や、深遠な宇宙の振動を感じながら、霊的宇宙の各階層の意識体と一体になる自分を発見します。その後、階層を限りなく上昇していくとサムシング・グレートに到着します。サムシング・グレートでは、さらに自分の意識の本質に触れ、自分がなぜ肉体や意識体を創造し、背負い、肉体と意識体とのバランスのとれた生き方をしなければならないかを知ることになります。また、意識の本質は個ではなくすべてであると感じます。なお、安定的に体外離脱体験をするためには、気の重心が宇宙の中心の内奥のうち、「サムシング・グレート」にグラウンディングされることです。

SATOメソッドによる体外離脱は、トンネル体験をしてイメージの世界を垣間見るのが特徴ですが、一般的なイメージに比べ、浮揚感もあり、あたかも空を飛んでいるような感覚です。しかし、臨死体験時のような肉体感覚、現実感覚が100%喪失し、イメージの世界を垣間見る感覚ではありません。体外離脱中に肉体に触れると肉体を感じます。よって、一般的なイメージと臨死体験時の体外離脱のイメージの中間の感覚になります。そして、動きながらの体外離脱はできませんが、一般的なイメージ(肉体感覚でイメージする)よりは意識体感覚でイメージができるSATOメソッドの方が長時間可能になります。

「人類の意識の進化はこのような体験から生まれるものと考えています」

SATOメソッド(佐藤式気功)は、病気の癒しのほかに自己啓発を高めることができる。

体の病気や心の病気、実力を発揮できない、アイデァが浮かばないなどは、パワーが欠如しているためなのです。パワーを発揮できない原因は、頭、体、目の使いすぎ(交感神経過度の緊張)、いわゆるエネルギーの消耗にあります。脳波でいえばベータ波の使いすぎです。

常に気力、体力が充実している人は副交感神経を優位にし、体内にパワーを取り入れながらパフォマンスをしています。一般的に副交感神経を優位にするとは、「熟睡できる」、「リラックスしながら仕事ができる」、「楽しく食事ができる」などのことをいいます。しかし、多くの人はなかなかそれができません。

SATOメソッド(佐藤式気功)では、このような人達に気功を行うことにより、体内にパワーを湧き上がらせ、自分の力を100%発揮できるようにするものです。

具体的には、「浄化・再生モード」で、収縮気優位でアルファ波が優位になり、拡大気優位でデルタ波が優位になります。さらには深い瞑想状態になったり、気の重心が足裏以下になるとアルファ波、シータ波、デルタ波が前頭葉に同時に現れ、このとき体内に絶大なパワーが湧き上がってくるので、余裕のあるパフォマンスが発揮できることになります。究極のパフォーマンスとは、この場合体外離脱のことをいいます。

今後、自己トレーニングで,このような身体感覚を維持できれば、パワートレーニングだけでおこなってきた各種スポーツに、新しいい「風」が吹くのではと期待されています。

go top