施療ステップ

SATOメソッド(佐藤式気功)の対面式外気功における施療ステップを紹介します。

1. 問診

初めて佐藤気功センターに来られた受療者には、まず受療の目的や現在の心身の状況、不調の内容などをお伺いし、施術の際の参考にします。そして、SATOメソッドの特徴について、わかりやすく説明します。

2. 足の反射療法

step01足の裏を刺激する反射療法。受療者は下丹田(腹)に手を当て、そこへ意識を集中させる。

3. 「浄化・再生モード」開始

step02

  1. 受療者は、手を下腹部(下丹田)に当て、そこを意識していただきます。
    施療者の肉体/意識体/本体と受療者の肉体/意識体/本体を「浄化・再生モード」でつなぎます。そうすると内界の気はサムシング・グレートから施療者の本体に入って本体→意識体→肉体と入ってきます。外界の気は霊的宇宙の高次元から施療者の意識体に入って意識体→肉体と入ってきます。次に、同時に施療者の肉体/意識体/本体と受療者の肉体/意識体/本体と繋がることから受療者の肉体側からと意識体/本体側からと入ってきます。対面式外気功はこのような方法で行います。遠隔気功は意識体/本体側からのみ行い、肉体側からは気を送りません。
  2. 下半身の温かさ、上半身の涼しさは肉体の内側に波紋の様な感覚で反応します。一方、真綿のようなもので包まれている感覚は肉体の表面に反応します。
  3. 深いリラックスから「瞑想」状態に誘導します。
    受療者の状態や気の感度のレベルに合わせて、特に不調な部分にハンドパワーを行い、重点的に気を送ります。
  4. 受療者は心の中で「終わり」と言います。
    施術者はここで頭頂部に手を当てコネクトし、気を止めます。

4. 「気の重心」の位置確認(施術後)

施術を終えた受療者に立っていただき、気の重心の位置を確認します。

ほぼ100%の方が、「気の重心」が施術前よりも下がったことが確認できます。

遠隔気功

遠隔気功は施療者の意識体/本体と受療者の意識体/本体を「浄化・再生モード」でつなぎます。内界の気はサムシング・グレートから直接入ってきます。外界の気は霊的宇宙の高次元から入ってきます。内界の気は受療者の本体→意識体→肉体と入ってきます。外界の気は受療者の意識体→肉体と入ってきます。